Sakecafe楓fu / Sakecafe fu

お知らせ

2019.04.16
4月21日(日)は予約で、終日貸し切りとなります。
2019.04.16
福島に行ってまいりました。最近は岩手や秋田の濃醇系で、舌触りが良くしかも喉越しの切れるお酒を集めてみましたが、福島の綺麗なお酒はやはり捨てがたく格別です。まずは、七十郎・赤(純米吟醸/低温熟成/無濾過原酒)と奈良萬(純米生酒/中垂れ/無濾過生原酒)から。ちなみに福島は桜がそろそろ満開見ごろでした。

福島の地酒

東北の銘酒

爽やかな香りの「水鳥記・特純(宮城)」「蒼天伝・純吟(宮城)」、コクと雑味のない旨みは「天上夢幻・特純旨口(宮城)」、フルボディーで凝集された米の旨みは「磐乃井・真心純米(岩手)」、生酛系/山廃系は「菊の司・生酛純米(岩手)」「飛良泉・山廃純米(秋田)」。

春の香りです。

燗酒もあります。

寒い日、美味しい地酒の中からの燗酒、お好みの温度帯でご用意致します。おでん等とご一緒に。

Sakecafe楓fuの外観

Photograph of exterior

内観

The Interior

季節のお酒

香り、旨み、キレ、舌触りの違いが、味わえます。

季節のお酒

芳醇で個性のある酸味も味わえます。